HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

HOME»  クリニックブログ記事カテゴリー一覧

クリニックブログ記事カテゴリー一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

色眼鏡

「色眼鏡で見る」
良く耳にする表現です。先入観を持ってみる、偏った見方という意味に使います。
つまり対象に予め色を”つけて”評価するということです。

先日ある方の文章を読んでいて”アハ体験”がありました。

「色眼鏡でものを見るな。ありのままに、素直にものを見なさい。
仮に赤の眼鏡を掛けていると、そこに赤色があったとしても見逃してしまう。」

受験勉強の参考書に赤い色の下敷きが付属しているものがあります。
重要なカ所が予め赤に色づけされていて、
勉強し終えてからその下敷きをかざすとその部分が色抜けします。
ちゃんと記憶出来ているか再確認できる仕組みです。

色眼鏡によって対象の色が”抜けて”見える。
先ほどの説明とは真逆です。
色眼鏡でみるとは「重要なことを見落とす」という意味になります。

どちらも物事を正しく見ていないという意味は共通です。

色眼鏡の話は診断学の分野において常に引用されます。
患者の訴えから最も安易な診断に真っ先に結びつけることへの警鐘として使います。

特に高齢者における最も安易な診断は
1.歳のせい
2.メンタルのせい(認知障害を含む)
です。

しかし教科書や診断学講義でいうように、
安易に1や2と考えてはいけないと諭されるほど
実際の現場は簡単ではありません。

どうしてか?
1や2のケースが偏って多いからです。

日本は世界中で未経験の超高齢社会となりました。
老年医学は私が学生であった30年以上前から存在しますが、
今は更に新たな診断学が構築されてきています。

身体の臓器を中心とした加齢変化の研究は進んでいますが、
それとともに自律神経、ホルモンなど全身を統御するシステムの変化についても
取り組むべき課題は多いと思います。
またいわゆる”切れる中高年”で注目されている前頭葉の変化も重要です。

一方社会的側面では
高齢になり子育てや仕事を引退すると
日々の話題や考えの中に自分自身の身体の変化のことが大きく入り込んできます。
還暦が近くなると同窓会は病気の自虐ネタが多くなると言われる所以です。

何が異常で何が正常変化か。
高齢者の診断学はこれから益々複雑になると考えられます。
ドラえもんにお願いしたいのは
「診断めがね〜」 掛けると悪い場所が診える眼鏡、です。

院長 小西宏明

2021-06-12 19:53:00

コメント(0)

折りたたむ

FAX廃止

河野大臣が6月中に各府庁にFAX廃止を指示しました。
デジタル化の推進の一環として以前から提案されていましたが、
ここに来てテレワークの阻害要因として注目したわけです。

情報伝達手段として、
1.電話、2.FAX、3.メールがあります。

情報は相手に伝わってはじめて真の”情報”になりますから、
情報送信者にとって最も確実なのは電話です。
FAXやメールではいつ読んでもらえるかわかりません。

他方受信者からすると電話では自分の作業を中断させられ、
強制的に情報注入されます。
FAXやメール、特にメールは自分で時間をコントロール出来ます。

またFAXではご送信、メールでは情報漏洩のリスクがあります。
電話では「言った、聞いてない」問題もあります。

世界的にみると日本は未だにFAXを使用しているIT後進国と言われています。
FAXは博物館に展示されている物だそうです。

情報伝達手段として3者3用で今後とも存続していくと思います。
ただし主流はメールでしょう。

医療分野はFAXが欠かせない最たるものです。
いまだ患者情報のやり取りにフル活用します。

今はコロナ禍で、保健所からの重要な情報はメールとFAXの両方で送信されてきますが、
クリニックに届くFAXの多くは物品の宣伝販売と求人です。

特に昨年夏頃からは感染防止グッズの売り込み、看護師の求人案内が連日届いていました。
もぐらたたきのように受信するごとに”FAX不要”を返信して
やっと最近は週に数通まで落ち着きました。

患者情報に関しては
当院は昨年から完全予約制にしており、
出来るだけ紹介状を事前にFAXしてもらっています。

メールではダメかというと、
一番危惧するのは情報漏洩ですが、
実務上は不便なことがあります。

それはメールを開かないと情報にアクセス出来ないことです。
当たり前の”開ける”という行為は大変不便です。
さきほど述べたようにメールは自由な時間に読めますが、
重要なメールを見逃したり、確認や返答が遅れたりすることがあります。

忙しい診療中に受信の確認、開封は大変です。
セキュリティの観点から電子カルテ端末では外部からのメール受信はしません。
確かに工夫すれば快適な運用はありそうですが、
それでもFAXは止められません。

FAXは受信すれば誰かスタッフが気がついて持ってきてくれます。
これが情報にアクセスするトリガーになります。
さらにスタッフが内容をみて重要かどうか、急ぐかどうかを判断出来ます。
情報の選別も出来るのです。

トリガーと選別。
前提は優秀なスタッフであることです。
ただ届いたFAX用紙をまとめて置いておくだけならメールの不便さと同じですから。

情報伝達は永遠の課題です。
今後とも3つの方法を上手く使い分けながら、
徐々にメールの比重を上げたいと思います。

院長 小西宏明

2021-06-11 21:57:10

コメント(0)

折りたたむ

河野大臣

ワクチン担当大臣を兼務されている河野大臣。
今回のワクチン接種予約など一連の事象を反省しつつも
日本の弱点を指摘されました。

緊急事態に弱い。

私はもうひとつ、国民への情報提供に難ありと付け加えたいと思います。

災害避難所できちんと列を作って配給の順番を待つ国民性、
試合応援が終わった後にゴミ拾いをして帰宅する国民性、
世界中が驚くような、でも我々にとっては日常であることが沢山あります。

一方今回の感染症対策では欧米先進国との対応の違いが鮮明でした。
結果的に対応の遅れと甘さは否めませんが、これからは日本の真骨頂だろうと思います。
例えばワクチン接種率はイギリス、米国を抜き去るのではないでしょうか。

単純早計な分析になりますが、
急激な物事の変化に対して慎重で平等を重んじる国民性と解しています。

そしてもうひとつは情報提供のあり方です。
現状の政府の説明や要請は十分とは言えません。
一方で何もかも洗いざらい詳らかにせよ、というのは横暴です。
伝えるべきことの範囲とタイミング、この2つの要素が重要だと考えます。
歯に物が挟まった言い方にはそれなりの理由と戦略があります。

次なる大きな課題は緊急事態宣言の取り扱いで、
その次は東京オリパラです。
しかしすでに迫っているデルタ株と第5波への供えが背景にあります。
高齢者ワクチン接種の順調な進行に対する国民の気の緩みも見逃せません。

今、比較的明解に語られる河野大臣でさえ、
なかなか全ての情報を国民に提供出来ないことを明言されていました。

尾身先生が言われるように最後に決めるのは政府であり、
オリパラについては組織委員会です。

来週1週間はとても重要な判断を負う時期になります。
我々末端は粛々とワクチン接種というコロナ対策をこなしていくだけです。
1年前と比べれば大きな一歩です。
感染勃発当初、西浦教授がコロナとの闘いをマラソンに例えられていました。
少なくとも折り返し地点には来ていないと思います。

院長 小西宏明

2021-06-10 20:59:17

コメント(0)

折りたたむ

フリーアクセス

日本の医療の特徴にはフリーアクセスがあります。
誰でも自由に医療機関を受診出来ることです。
しかしコンビニ受診と揶揄されることもあります。
実際、救急病院では自ら歩いて来院される方(ウオーク イン)
を受け入れないところもあります。

今回のコロナ禍によって少なくとも昨年は医療機関の受診控えが起こりました。
これについて「コンビニ受診が如何に多かったかと言うことを図らずも露呈した」とも評されました。
「不要不急の受診」という矛盾があります。

一方、現在の感染状況では
発熱に限らず普段と違う体調不良ではPCR検査が前提になってきます。

変異株やコロナ疲れで自粛要請が形骸化している中では
もはやPCR検査を行わずに診察すればリスク管理が甘いということになります。

最近経験するのは、
受診希望者にPCR検査を進言すると、
自ら様子をみることにして受診を控えるケースです。

これをどう理解すれば良いのか。
「ちょっと体調が心配だから診察してもらって薬を出してもらおう」
「でもPCR検査まではやりたくないから行くのはやめよう。」

昨年の受診控えは
感染したくないからという理由だったと思いますが、
今はPCR検査を受けたくないからという理由もありそうです。
「そこまでやって診察してもらうほどではないなあ」という感じ。

確かにフリーアクセスは病気の早期発見と治療に貢献していると思いますが、
コロナ禍を契機に見直しが必要だと考えます。
少なくとも総合病院については選定療養費の増額ではなく、
紹介状をもって受診するシステムに変更するのが良いと思います。
専門医が専門的な検査や治療に専念できる環境の構築です。
欧米の病院には外来診療を行っていないところもあります。

コロナ禍は医療体制や医療制度の穴を示してくれました。
それ以前から保険制度は破綻に向かっており、
すでに協会けんぽから脱退して国保へ移行する事業所も出てきています。
ワクチン接種が進み感染状況が落ち着いた時点では
検証が必要だと考えます。

院長 小西宏明

 

2021-06-09 20:44:50

コメント(0)

折りたたむ

職域接種

今日は医師会理事会でした。
保健所から高齢者接種が順調に進んでおり、
7月末には6割、8月末には8割弱の2回接種が完了する予測が報告されました。

国立函館病院と協会病院のご協力によって一気に加速された感があります。
診療所でも1000人規模で頑張っておられる先生もいます。
追加の金銭面での支援策も功を奏しているのだと思います。

会で少し触れられたのが職域接種です。
詳細を厚労省ホームページなどから参照してみると、
有するに集団接種の亜型です。
大きな違いは主催者側での準備事項が多岐にわたることでしょう。
電力会社や航空会社のように社員が数千人規模で専属の産業医がいる場合、
単独開催で全く問題なくクリア出来そうです。

函館には1000人規模の事業所はないそうですが、
中小企業が商工会議所などを通じて共同実施も可能ですし、
大学が学生を含めることも可能です。

ひとつの実施単位で最低1000人、合計2000回を想定するようです。

今のところ64歳以下の接種についてこれまでの集団接種と個別接種を継続していくと考えられ、
接種の加速化という観点からは職域接種を検討する必要があります。

市民の立場では職場やその近隣で接種できることは大変便利です。
主催者は申請から準備、実施、会計処理、登録処理など負担は大きいと思います。
医療者側はどうか。

自分の診療所や病院とは状況は違いますが、
少なくとも集団接種会場との違いは感じません。
ただ厚労省が示すように医師は最低2名以上必要ですし、
事務処理は医療事務関係者や行政のアドバイスがあった方が良いと思います。
吹田市のように事後登録を全くしないのは、
来年以降の接種に問題を生じます。

理事会で発言のあった函館の観光産業の復興という視点については大賛成です。
コロナは感染者とともに観光関連の就労者に大きなダメージを与えています。
早く関係者が自由に働ける状態にすることは
ある種の”治療”です。

職域接種は社会経済活動復活のキーになります。

ただ医療従事者の確保は課題でしょう。
現状の高齢者の接種分担をみると、
集団接種については現体制を維持し、
例えば職域接種には地理的に近い診療所の医師が共同で参画することも検討してはどうでしょうか。

湯の川温泉地区、本町周辺、西部地区。
学校は災害避難区域に準じて数校がグループとなる。
それぞれの場所に近い数カ所の診療所の先生方が請け負う。

診療圏の医療を担うのが診療所ですから。

ひとつ心配なのは予約日時にきちんと接種に来るかどうかです。
高齢者でさえもインフルエンザワクチン接種の感覚で
いつでも出来る?と思っている方がいるくらいです。

職域接種の対象者は皆仕事をしています。
厳密なスケジュール遵守の徹底が肝要です。
1回目は来られるでしょう。
2回目、果たしてどうでしょう。
勤務調整は必須です。

院長 小西宏明

2021-06-08 22:00:00

コメント(0)

折りたたむ

地域貢献ランチ弁当

今日はこんなお弁当にしました。
スタッフの知り合いのお店です。



それぞれが丁寧に作られており、
味の変化を楽しみながらお腹もいっぱいになります。
今回リピートでした。

緊急事態宣言の中、飲食店の多くがテイクアウトやデリバリーを行っています。
昨日の日曜日、クリニックの正面ドアの間に封書が挟んでありました。
敢えてポストへの投函でないのが”アピール”でしょうか。
そのレストランは平日の店内飲食は取り止めてテイクアウト1本になっており、
今回期間限定で会社向けのみのデリバリーを始めたとの内容でした。

私も大好きなレストランでしたので、
これは是非注文しなければなりません。
早速対象期間の最終日のデリバリー予約をしました。
スタッフも真剣にメニューから選んでいました。
私はもちろん定番の”あれ”にしました。

とまあ、週に1回のお弁当選びは今ではルーチン業務です。
美味しい物を食べて1週間頑張る、って感じです。

来週月曜日、ワクワクです。

院長 小西宏明

2021-06-07 19:42:00

コメント(0)

折りたたむ

ワクチン接種予約

明日は市の集団接種の予約日です。前回は2週間前でした。
五稜郭の市総合保健センターと市立函館病院横の函館ワクチンセンターで合計1632人分です。

と同時に今回は2つの医療機関で個別接種の予約も行われます。
国立函館病院と函館協会病院です。

これら合計で7日だけで1万人分の受付になります。
ワクチン接種可能人数は前回の7倍で、
今後も徐々に予約枠は増えていきます。
8月末の高齢者の約6割終了は達成されそうです。

報道を聞いても全国で予約受付と接種は加速度的に進んでいます。
すでに64歳以下の一般住民への接種が開始された自治体もあります。

テレビ、インターネットとも毎日感染者の情報と
ワクチン接種の話題は必ず出てきます。
見る方もこの2つがルーチン業務になりました。

コロナ感染は”接”触で起こり、
それに打ち勝つには”接”種が武器になります。

今年の漢字は”接”でしょうか、なんて気が早いですね。

院長 小西宏明

2021-06-06 19:10:00

コメント(0)

折りたたむ

リフォームとリノベーション

自宅のリフォームを考えている方がおられます。
お子様達も数年後には大学や就職を迎えられ、
また気になっている水回りを改修したいからだそうです。

人生の大きな買い物と言えば、
誰しも”家”を思い浮かべられるはずです。
若い頃は賃貸からスタート。
結婚、子どもの誕生や親との同居など自分以外の要因によって
持ち家(マンション)を考えます。
もちろん先立つお金の問題もありますが。

家族で住む家と自分と配偶者、自分と親だけで住む家は
必要な機能が変わってきます。
しかし私はこれまで国内外で生活してみて最も重要視するようになったのは
掃除のしやすさです。

人が生活する上で避けられないのが汚れやゴミ。
特に必ず掃除しなければ大変なことになるのが
お風呂、トイレ、キッチンのような水回りです。
これらを出来るだけコンパクトで手入れしやすい構造や配置にしたい。

私は子どもの中学進学に合わせて東京に引っ越し、
そこから週末は必ず掃除をするようになりました。
病院からファーストコールで呼び出されることがなくなったことも要因のひとつですが。

定期的に掃除していると、隅々まで完璧かどうかは自信ありませんが、
掃除のしやすさや効率的な掃除の手順がわかりました。
またおサボりすると、汚れが溜まってかえって掃除に時間がかかることも実感できました。

そんなこんなであれから10年以上毎週必ず家のどこかの掃除をしています。
日曜日の朝は掃除と決めました。
お正月も日曜日であればやります。

そうこうするうちに年齢のせいもあってか掃除時間は出来るだけ短くしたくなります。
ならば部屋数が少なければ良いと。
故に私が進めるリフォーム、リノベーションは部屋数最少です。
細かいことでは、キッチンやシンクは広い方が良い。
トイレは便器の周囲が広い方が良い。
浴槽は単純な器状構造が良くて排水口の部品点数が少ない方が良い。

そしてブログでも紹介したようにお掃除ロボットがとても便利です。
こいつは強力な相棒で利用しない手はありません。
となれば四角を基本とした間取りが良い。

日常生活で気持ちや思考を集中していくためには
少なくとも視角に入るところは常に綺麗であり整理整頓された状態が望ましいのです。

さきほどの方は2年後を目指して工務店や設計士さんと相談を始められたそうです。
次回お目にかかったら、こんなことを伝えたいと思いました。

院長 小西宏明

2021-06-05 20:53:00

コメント(0)

折りたたむ

ワクチン接種加速

日本のワクチン接種機会は加速度的に伸びています。
現時点で一日40万回、目標は100万回。

人口100人あたりの2回接種完了は、
イスラエルが最多で56.7人
チリが42.4
米国が41.4
英国が38.6
ドイツが18.8
日本は3.0です。

集団免疫が獲得されると言われる7割の達成は
イスラエルは2023年8月
チリが2021年8月
米国は2021年10月
英国は2021年8月
ドイツは2021年9月
頃と予想されています。

イスラエルや米国はすでに接種回数の伸びが鈍化しているのです。
打ちたい人はもう既に終わっており、
残りの人は迷っているか、打たないと決めているかでしょう。

本日千葉大学の研究結果が報告され、
ワクチン接種によって抗体が順調に作られていることが証明されました。
まずはワクチンに対して身体が反応していることがわかりました。
故にコロナに罹患しないという意味ではありませんが。

一方ではファイザーやモデルナのワクチンの有効率は95%と言われています。
有効率の定義はしっかり理解しておく必要があります。
つまり
ワクチンを接種した場合は発病する人数が95%減少するということです。
何と比較して?
ワクチンを打っていない人達と比べてです。

1000人のグループが2つあるとします。
ワクチンを接種した方は発病が5人
何もしていない方は100人だとすると
有効率は95%です。100人を5人に減らせたからです。

100人のうち95人が発病しないという意味ではありません。

ところでインフルエンザワクチンの有効率は約50%です。
毎冬にワクチンを打ったのに感染したという人は沢山います。
皆、それを知っていても念のため接種しておくのではないでしょうか。

コロナワクチンの有効率が異常なほど高いことがわかります。
発病して重症化する人が減少すれば、
医療提供体制に余裕が生まれます。
この意義が最も大きいと考えられます。

今回の一連のワクチンには未だ未だ解明されていない課題があります。
有効期間もそのひとつです。来年また接種しなければならないのか、など。
しかし今は兎にも角にも感染を抑えることが第一義です。
医学的にも、社会経済活動の面からも。

2回接種を終えての感想は、
「こんなにも副反応が強い薬って大丈夫かなあ」です。
確かに抗がん剤と比較すれば遙かに軽微なものですが、
病気の人に使用する”薬”と
健康な人に推奨する”予防薬”では
何かあった際の影響は全く異なります。

コロナ感染症の病態解明と
コロナワクチンの影響解明と
科学に向けられる国民の期待は大きいと思います。

院長 小西宏明
 

2021-06-04 21:23:00

コメント(0)

折りたたむ

2回目接種

昨日2回目の接種を行いました。
65歳未満はいろいろと副反応が想定されますので、
昼食後からバッファリンを飲み始めました。
午後の診療は普通通り何も変わりませんでした。
夕方から肩の辺りが痛み始めましたが、まあ想定内です。

ところが夕食後から水様性下痢にみまわれました。
食あたりした時に似たようなことはありますが、
お腹のしぶりは全くなく、ただただ出てくるだけです。
数回で終わりました。

想定していた発熱や倦怠感はなかったのですが、
今朝から接種した左腕に痛だるい症状が出始めました。
もう肩から腕1本がとても重たいのです。
ズシーンとなって左肩が下がる感じ。

午前中は市立病院の外来で、
診療中は腕のことを忘れるのですが、
患者さんが部屋から出て行かれるとズシーンとなります。

午後から訪問診療に行ってバタバタと夕方になると
「あれ、だるくない!」
日中の腕の重さがウソのようになくなってきました。
接種してからだいたい24時間でした。

これも驚くほど想定内。
これにて私のワクチン接種は閉幕しました。

院長 小西宏明

追伸 夜になって再び腕が痛くなってきましたが、
日常の活動には支障なし。だるさなし。

2021-06-03 21:13:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top