HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

対面印象

対面印象

対面して受ける印象はとても大切です。
顔かたち、体型などはもちろん両親からの遺伝の要因が大きいのですが、
その後の成長過程で、それは如何様にも変化します。

リンカーン大統領の名言
「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持ちなさい」

顔にはその人の品性、知性、性格が出てきます。
それまでどのように生きてきたか、内面から顔かたちが作られます。

医療業界も広義には接客業のひとつと言えます。
扱う内容の特殊性から人と接する濃密度は高く、
かつ顔の表情や立ち居振る舞いの観察が重要な情報源です。

小売業や飲食業との違いは、この観察眼です。
プロとして相手を観、また同時に相手からどのように見られるかを考える必要があります。
相手が情報発信しやすい態度、平たく言えば話しやすい雰囲気でしょうか。

我々の業界は相手から病気に関する情報を察知する、引き出すことが必要です。
その為に自らの”顔”作りをしなければなりません。

院長 小西宏明





 

2018-12-04 23:57:43

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
お問い合わせフォームはこちらから
Page Top