HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

気配り

気配り

患者さんは検査室で靴を脱ぎます。
高齢者ではこの単純動作が難しい場合があります。
特に北海道の冬は、多くの方が長靴やブーツタイプの履物です。

転倒防止のため椅子を用意したりベッドに腰掛けてもらっています。
その後はスタッフが、脱いだ靴を履きやすいように向きを変えておきます。

この気配りは、家の中で靴を脱ぐ日本人の習慣によるものだろうと考えます。
小さい頃から玄関で脱いだ靴の向きを変えるように躾けられたはずです。

どうも患者さんが脱いだ靴の向きは気になりますが、
当院のスタッフはきちんと対応してくれています。

こういう基本的な立ち居振る舞いが身についているかどうかは
その人の品格にもつながります。

頭のてっぺんから足の先まで気を配ることは難しいかもしれませんが、
その努力が大切です。

院長 小西宏明

2019-04-15 21:12:03

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
お問い合わせフォームはこちらから
Page Top