HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

GSOMIA

GSOMIA

軍事情報包括保護協定
先週の大きな話題でした。期限切れを予想した方がほとんどだったと思います。

土壇場での延長決定でした。
この状況は「踵を返す」でしょうか、「手のひらを返す」でしょうか。

踵を返すの語源は後戻り、引き返すです。
きびすとは”かかと”を指します。
前進していたのに、急にかかとを進んでいた方向に向ける、すなわち180度方向転換するのです。

それに対して手のひらを返すは、急に態度を変えて全く反対のことをするです。

???180度方向転換と全く反対とはどう違うのか?

道を歩いているとします。
急に来た道を引き返し始めるのは、「踵を返す」です。

前方にT字路が見えてきたとします。
最初から左に曲がると決めていたのに、交差点に差し掛かると急に右に曲がること変えると、
「手のひらを返す」です。

GSOMIAは延長しないという方向に進んでいたのに
土壇場で延長する方向に戻り初めた。
だから「踵を返して」と表現出来ます。

もし新しい協定を締結するかどうかという状況で、
当初は締結しないとしていたが、
締め切り間近になって急に締結することにした場合、
これは「手のひらを返して」と言えます。

同じ返す行為であっても、踵と手のひらでは大違いです。
語彙は努力して増やすものです。

院長 小西宏明

2019-11-25 18:53:22

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top