HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

コロナ不安

コロナ不安

感染が広がってくることで当初なかった問題が起きています。
そのひとつが高齢者の感染不安です。

毎日祈るように体温を測定する。
近くで咳をする人がいると直ぐさま立ち去る。
少しの咳、喉の痛みにも敏感になる。

現時点では治療薬がなく、
基本的には自分の免疫力に委ねるしかありません。
体力が衰えている場合、特に呼吸器系の病気がある場合は
重篤化することが報告されています。
この条件に合致しやすいのは高齢者になります。

ただ一方で高齢者は独居、夫婦二人の世帯も多く、
おそらく外出も最低限の買い物にしておられるのではないでしょうか。
北海道は未だ寒いということで外のレジャーは少ないと思います。

これは専門家会議が提唱する感染しやすい状況の回避になっています。

つまり普段元気な高齢者、普段投薬などできちんと病態が管理されている高齢者においては
過剰に心配する必要がないということです。

どんな場合にも当てはまりますが、独りで不安を抱え込まないことです。
家族、友人知人とのコミュニケーションが大切です。

ただ今回の状況では会って直接話すよりも電話がお薦めでしょう。
なかなか高齢者には普及していないかも知れませんが、
スマートフォンやパソコンを使ったテレビ電話は有用です。
表情を見ながらお話出来ますし、飛沫感染の心配がないのでマスクも不用です。

本来であれば医師や看護師とお話する機会が作れれば良いのですが、
今日も朝から電話が混雑しました。

コロナ騒ぎから2ヶ月近く経ちます。
気持ちの面で、この状況を受け入れていかなければなりません。
いつ感染するだろうと未来を心配するよりも、
今を普段通りに過ごすことに注力すべきです。
手洗いと人混みを避けること、
これはもう生活の一部です。
笑顔は免疫力アップです。

院長 小西宏明
 

2020-03-16 21:24:50

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top