HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

自粛か制限か

自粛か制限か

自粛とは自ら進んで自分の言動を慎むこと。
制限とは区切りを定めて、それを超えることを禁ずること。

自粛は柔らかい感じ、鈍角のイメージ、
制限は硬い、鋭角のイメージ、グサッと刺さる感じです。

自粛はお願いするレベルですが、
制限はより命令に近いものです。

さらに自粛よりも制限の方が強い、重い、緊急性がある、
強制力があると思います。

そして重要なことは
誰が発出したかです。
親、先生、上司、社長、行政の長、警察、そして国家の長。

子供の頃、友達と口げんかで出てきたのは、
「先生に言うぞ」、「警察に言うぞ」でした。
説得や交渉を諦めて、強い権力に裁定を委ねるものです。
まあ子供どうし、そんな深い意味はないのですが。

緊急事態宣言という言葉がひとり歩きしている感が否めませんが、
自粛でも制限でも目的は同じです。
しかも国内外の感染者数、医療体制切迫状況など客観的なデータが日々更新され、
制限の必要性を判断出来るはずです。

国民ひとりひとりが自分のため大切な家族のため、そして社会のためにと繰り返されています。
老若男女、感染の主体は大人です。
先生に言いつけられなくても、警察に捕まえられなくても
今何をすべきか、自ら”制限”出来るはずです。

子供でもわかります。

院長 小西宏明

2020-04-03 22:29:55

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top