HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

患者の理解

患者の理解

昔に比べると医師から患者への説明はかなり丁寧、詳細になったと感じています。
大学病院の頃、手術の承諾書はいつの間にか枚数が増えていきました。
病態、手術の内容、そして合併症の説明です。

人間の身体は個人差もあり術前ですべてを予測することは不可能ですが、かなりの範囲に注意を払っています。
しかし全部説明できるかというと、それは困難です。

更に重要なことは患者側の理解です。
最新の検査や治療の場合は、
医師どうしであっても専門領域が違うと正確な理解は出来ません。
しかし”説明”とは相手に理解されて初めて効力を発揮します。

当院を初診される患者さんの中には他の医療機関で検査や治療を終えられた方も稀ならずおられます。
もちろん専門家ではない患者さんからの説明ですから、パズルピースを埋めるが如くに話を理解していきますが、
どうしても謎が残ります。
特に患者さんご本人も謎を感じて心配されている場合は大変です。

正しくピースを戻して完成図を見るためには情報収集が不可欠です。
その結果は往々にして患者の理解との間に乖離があり、
それが患者さんの心配の原因となっています。

説明不足か理解不足か。
診察室での医師の説明の半分はすでに会計の際には忘れられていると言われます。

記憶に残る理解を得るための説明の工夫と共に
反復説明。これにはスタッフの協力も助けになります。

”説明”の弱点を理解しなければなりません。

院長 小西宏明
 

2020-07-29 21:15:04

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top