HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

それぞれの道

それぞれの道

還暦間近となると知り合いや友人の数は膨大となり、
同世代ならば何となくそれなりの役職や地位にあります。

大学病院時代にご一緒させて頂いた某科の教授が就任間もなくしてご開業されました。
その後の詳細は存じ上げませんでしたが、
本を出されたことを契機に最近のご活躍を知るところとなりました。


amazon HPより

現在は口元 輪郭 鼻専門の美容形成外科クリニックをなさっています。
大学病院でも先天性の頭蓋奇形などの手術を手がけられ、当時から日本でも有数の外科医でした。
美容外科のメッカ韓国にも招聘され手術をされていました。

形を作るということは外科技術以外に美的センスが必要です。
ある意味では芸術に近くなると思います。
先生が有名になられたのは外科手技と美に対する類い希なる探求の成果だと考えています。

私は中央手術部の責任者でしたので、時間がある時は他科の手術を見て廻りました。
多くの診療科で画像システムやナビゲーションシステムといったコンピュータが導入され、
また胸腔鏡、腹腔鏡などのいわゆるピンホール手術が主流となっていました。
麻酔科は生体情報モニターに囲まれ、さながら飛行機のコクピットで仕事されているようでした。

上記の先生のHPを拝見しますと
まさにコンピュータ、画像システムを駆使され、
それを具現化出来る高度な外科技術の結果として
患者さんの顔形を生み出されます。

先生を直接存じ上げているからこそ
HPの行間が読めます。
地道な努力で培われた外科技術、
美的センス、
そしてIT。
あえて三位一体と申し上げたい。

同じ外科医として鼓舞された思いです。

院長 小西宏明

2020-09-12 19:44:00

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top