HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

河野大臣

河野大臣

ワクチン担当大臣を兼務されている河野大臣。
今回のワクチン接種予約など一連の事象を反省しつつも
日本の弱点を指摘されました。

緊急事態に弱い。

私はもうひとつ、国民への情報提供に難ありと付け加えたいと思います。

災害避難所できちんと列を作って配給の順番を待つ国民性、
試合応援が終わった後にゴミ拾いをして帰宅する国民性、
世界中が驚くような、でも我々にとっては日常であることが沢山あります。

一方今回の感染症対策では欧米先進国との対応の違いが鮮明でした。
結果的に対応の遅れと甘さは否めませんが、これからは日本の真骨頂だろうと思います。
例えばワクチン接種率はイギリス、米国を抜き去るのではないでしょうか。

単純早計な分析になりますが、
急激な物事の変化に対して慎重で平等を重んじる国民性と解しています。

そしてもうひとつは情報提供のあり方です。
現状の政府の説明や要請は十分とは言えません。
一方で何もかも洗いざらい詳らかにせよ、というのは横暴です。
伝えるべきことの範囲とタイミング、この2つの要素が重要だと考えます。
歯に物が挟まった言い方にはそれなりの理由と戦略があります。

次なる大きな課題は緊急事態宣言の取り扱いで、
その次は東京オリパラです。
しかしすでに迫っているデルタ株と第5波への供えが背景にあります。
高齢者ワクチン接種の順調な進行に対する国民の気の緩みも見逃せません。

今、比較的明解に語られる河野大臣でさえ、
なかなか全ての情報を国民に提供出来ないことを明言されていました。

尾身先生が言われるように最後に決めるのは政府であり、
オリパラについては組織委員会です。

来週1週間はとても重要な判断を負う時期になります。
我々末端は粛々とワクチン接種というコロナ対策をこなしていくだけです。
1年前と比べれば大きな一歩です。
感染勃発当初、西浦教授がコロナとの闘いをマラソンに例えられていました。
少なくとも折り返し地点には来ていないと思います。

院長 小西宏明

2021-06-10 20:59:17

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top