HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

気温上昇

気温上昇

昼間の気温が20度を超えるようになってきました。
おそらく薄い上着、半袖シャツでも過ごせるのではないでしょうか。
もちろん朝晩は未だ未だ風が冷たく感じます。

北海道で生活してみると、
暦の季節と服装には相関がなく、
その日その日の天気予報や体感で着るものを決めなければなりません。
飾る、見せると言うよりも機能優先でしょうか。

それでも気温が上がってくると
やはり淡い色やさらにはビシッと原色がマッチしてきます。

通勤していた頃は毎日”人や街の移ろい”に接することが出来ましたが、
職住近接の今の生活ではほとんど昼間外出することがありません。

その代わりに患者さんの服装を見ています。
今は春への”衣替え”の時期であり、
色々な洋服を見ることが出来ます。

実は診断の上でも患者さんの着衣は大変参考になります。
極端に厚着の場合は、何か寒さを感じる身体の変調がないか、
逆に薄着の場合は、汗をかきやすいのかもしれません。
当院は足の患者さんも多いため、何気なく靴も観察します。

また通常生活以上に汚れが目立つ場合は、
やはり認知機能低下、DVやセルフネグレクトも考えなければなりません。

洋服は身体を保護する役割など自らのためのものですが、
他人から見られることの意識や
他人に見せたい心理など
様々なことを表していると思います。

それが故にこの季節の変わり目は
得られる情報は増えます。

シャーロックホームズは依頼人を部屋に招き入れただけで
それがどんな人物かをワトソンに得々と説明することがあります。

病気の診断は犯人を推理することと似ています。
情報は多いに越したことはありません。

院長 小西宏明

2022-05-11 21:58:28

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top