HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

プリウスロケット

プリウスロケット

高齢者のペダルの踏み間違い事故に関連して派生してきた用語です。
プリウスミサイルという別称もあります。

特定車種が取り上げられる理由も様々に解説されており、
少なくとも某上級国民と批判された方の指摘される車本体の不具合ではありません。

ペダルの踏み間違い事故は実に年間6000件以上発生しているそうです。
そのうち4割が60歳以上です。
特徴としては駐車場などが多く、発進停止を繰り返す場面です。

いくつかの原因がありますが、
ひとつは後退の際に身体をひねることでアクセルとブレーキの場所を混同してしまうことです。
またその際にひねられた上半身を支える為に右足を外側に踏ん張ろうとして、
いつの間にかブレーキからアクセルペダルの方に右足がずれていくことが考えられます。

さらに高齢になると股関節が開きやすくなります。それによって右足は外側に行きやすくなり、
アクセルペダルの方が踏みやすいのです。
高齢者の歩行をみていると男女を問わず所謂がに股になっています。
さらに肥満気味の方ではつま先を外側に開いた方が歩きやすいのです。

また座っている時の膝の位置も参考になります。
男性は一般に両膝を開けて座る方が多いのですが、
女性は若い人と比較して高齢者では明らかに膝頭が外に向いています。

これは加齢によって関節が硬くなる傾向とともに大腿を内側に引きよせる内転筋が弱くなるからです。
この傾向は女性で強くなります。
何故なら女性の大腿骨は出産に備えて外に開きやすいように
骨盤に対して外側に位置しています。
他方男性は骨盤の下方に足がついているイメージです。

ところで最近の新車にはバックモニターなどが標準装備されていることがあり、
車の死角部分や車全体の位置が運転席のモニターで一目瞭然です。
目視確認のために身体をひねって後方を向くよりも安全とさえ思えます。
それくらい見渡しが効きます。

高齢者は2035年までは加速度的に増加します。
最先端技術で防げる事故はあります。
今日もどこかの店先に車がつっこんでいるのだと考えると、
飛行機事故よりも注意する必要があります。

そして加害者とならないように少なくとも駐車する時は
出来るだけ入り口から遠い場所を選びたいと思います。

院長 小西宏明

2022-05-21 20:14:00

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top