HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

地域貢献ランチ弁当

地域貢献ランチ弁当

今日は好例の地域貢献ランチ弁当の日でした。
以前クリニックの近所にあったお店ですが、別の場所に移転して
さらに今年からデリバリーも開始されました。


お店の看板メニューは通称ステピ、ステーキピラフですが、
本日私はチーズチキンです。

函館のソウルフードとまで言われるものですが、
西部地区での営業は厳しくなったと考えられます。

コロナも少しずつ落ち着いていく兆しを感じられ、
2年前に親会社が倒産したクリニック近くのホテルも
別のオーナーの下で先月から営業再開しました。

しかし全体として西部地区の賑わい度は右肩下がりだと思います。
個々に頑張っているお店は少なくありません。
和洋折衷の貴重な建物も沢山あり、
この風情は唯一無二です。

この地区に欠けているものは何か、
もっともっと訪れる人を増やせない原因は何か。

最近思うのは”空き家”や”朽ちてきている家屋”です。
住む人がいなくなった建物は瞬く間に傷んでいきます。
人の気配のない家は何ともわびしい気持ちにさせられます。
庭を覆い建物に絡みつかんばかりの草木は
例え青々していても見苦しい。
閉園したテーマパークを彷彿とさせます。

全国で空き家問題は深刻になっており、
残された住民の安全が脅かされるものもあります。

函館の主力観光地である西部地区だからこそ、
空き家を積極的に更地にもどしてはどうでしょう。
朽ちた家の隣に洒落たレストランがあるよりは
空き地の方が景観としてはベターでしょう。

遠目に空き地が多いのは気になるかもしれませんが、
訪れる人は徒歩です。
錆びたトタン屋根、汚れた壁、外れた窓枠、
生い茂る雑草など、
こんなところを横目で見ながら隣で美味しいランチや
スイーツを買いたくなるか?

朽ちた建物は決して枯淡の風情は生み出しません。

所有者にしてみれば建物の解体費用がかかり、
さらに固定資産税は上がります。
これらの問題は少し行政で考えて頂くことは出来ないでしょうか。
西部地区の魅力のひとつは”景観”ですから。

空き地利用と大風呂敷を広げるのではなく、
せめて古い建物を解体するだけでも
この地区の雰囲気は変わると思います。

ソウルフード店の移転に思いを馳せながら
チーズチキンを頂きました。
仄かな焦げの香ばしさとチーズのコラボは私好みでした。
ちょっと塩辛いフライドポテトが午前の診療の疲れにガツンときました。

函館の食住の中心は北西方向に移動しています。
飲食店のみならず新規開業のクリニックもしかりです。
でもやっぱり西部地区は函館の原点だと思います。

院長 小西宏明

2022-05-23 21:19:28

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top