HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

看護大学と看護専門学校

看護大学と看護専門学校

看護師になる方法はいくつかの選択枝があります。
医師は大学医学部卒が前提ですが、看護師には専門学校という方法があります。

良く言われるのは大学は4年、専門学校は3年という期間の違い。
そして専門学校の学費の安さです。

最終的に国家試験に合格しなければ看護師として働くことは出来ないため、
医学的知識の習得という基準においては大学卒でも専門学校卒でも同じです。

ただ昨今は大学が増えています。
ひとつには少子化の中で、大学の存続のために看護学部を設ける流れがあります。
もうひとつは医療に携わるにあたり幅広い経験を積んだ人材を選抜したい事情があります。

ではどんな看護師がチーム医療を行う上で
ベターでしょうか。

ひと言で言えば自分で考える力がある人です。
考える力があれば、学ぶ意欲につながります。
また積極的に何でも経験して習得する姿勢にも影響します。

チコちゃんに叱られるようでは
質の高い医療は提供出来ません。

医師もそうであるように
どのような経歴で国家資格を得たかよりも
その後の仕事への取り組み方が将来の伸びを決めていきます。
これは他の業種でも同じだと思います。

道南地区の人口減少は顕著であり、いずれ看護師は充足され、
少なくとも若い時に急性期病院で看護の基礎を学ぶことは難しくなるでしょう。
そう遠くない将来において看護専門学校の統廃合や大学への移行も考えなければなりません。

そして質の高い医療を提供するために
考える力を養えるキャリア形成が必要です。
教えてもらう教育から自学自習への転換が出来るかどうか。

以前に医学部学生の地域医療実習に際して当院への協力依頼がありました。
もうかれこれ7年以上前ですが。
そして青森の外勤先病院では毎年岩手医大から5年生を受け入れています。
私も外勤日には外来と手術の場で指導を受け持ちます。

今後もし機会があれば、
看護学生について当院で実習を受け入れても良いと考えています。
何故なら当院看護師は教育に必要十分な技能を有していると自負しており、
仕事に向かう姿勢を是非看護学生にも見て欲しいと思うからです。

考える力のある職業人はどんな場面においても
前進出来ます。
そして「鉄は熱いうちに打て」です。

院長 小西宏明

2022-07-27 20:29:52

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top