HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

クリニックブログ

発熱外来の規制緩和

発熱外来の規制緩和

政府分科会の尾身会長や専門家有志から感染の爆発的な拡大による医療現場の逼迫を鑑み、
2段階にわたる規制の見直しが提言されました。

最初の段階では感染者の全数把握を見直し、重症者を重点的にフォローするものです。
そして次の段階で感染症法上の見直しを行うとされました。

とりわけ診療所に関連が深く影響が大きいのが「発熱外来」です。
今は発熱者と一般患者の導線を分けることが求められています。

市内の医療機関でも補助金を前提として外来の一部を改築したり、
プレハブを増設したりしたところがあります。
またテレビ報道をみると、クリニックの裏口につながる建物と建物の間の通路で検査を行っているところもありました。

尾身先生達がどのように発熱外来の規制緩和を考えられたのかは、
近々に明らかにされると思います。

どのような緩和策であれ、
感染力が強いとされるコロナ疑いの患者さんと高血圧などで通院中のかかりつけ患者さんは
別々に診察しなければなりません。
通院中の大部分を占める後期高齢者を危険に曝すことは出来ません。

もちろん医師をはじめとしたスタッフへの感染は
平時医療の中断につながります。
それがどれほど大きな影響を与えるかは
今回の当院で経験したコロナ感染による休診でも明らかでした。

感染予防の基本は個々人の意識です。
実は最大の敵は我々の「気の緩み」だと思います。

ひとたびコロナ感染症がインフルエンザや風邪に近い病気と誤認されれば、
少なくとも今のような医療機関受診のハードルは一気に下がってしまうでしょう。
もしかすると診察室に入ってから、
「昨日から熱っぽいんです」とか
「コロナかもしれないので検査して下さい」などと言われるかもしれません。

さらに医療従事者であっても
軽症であれば勤務を続けるかもしれません。
コロナ以前であれば風邪程度で診療を休むことはありませんでした。
他のスタッフへの負担を考えると這ってでも病院に行くくらいです。

これは人間の心理であり、
いわゆる「自分は大丈夫」という根拠のない過信です。

2年前と昨年のまん延防止措置発令中の人出を比べれば明らかで、
意識が緩むと感染リスクは高まります。

函館でもじりじりと中等症以上の患者が増加しています。
これまでと同様に感染者増加に遅れて重症者が増えています。
今日もワクチン未接種の高齢者が熱発し、まず間違いなくコロナ感染だと考えられ非常に心配です。

先日感染症指定病院から、かかりつけ患者さんが中等症で入院加療したとのお手紙を頂きました。
1週間前にご本人からPCR検査陽性の連絡はありましたが、まさか入院になったとは知りませんでした。
高齢で基礎疾患のある方でした。早い対応が良かったのだと思います。
函館では未だ病床に余裕がありますから。

尾身先生が言われるように感染状況には地域格差があります。
医療従事者サイドの対応も地域の実情に合わせて行っていくべきです。

いずれにしても第7波の終息に向けて
市民が危機感を共有して気を緩めないことが大切です。

院長 小西宏明

2022-08-02 21:49:06

クリニックブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
Page Top