HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内ギャラリー

心臓血管外科

HOME»  心臓血管外科

‐心臓の仕組みと働き‐

「血液はポンプです」

心臓の仕組みと働き古くは心臓には心が宿るなどと言われたこともありますが、心臓は単なる血液を全身に送るためのポンプです。私は医学生の頃から人工心臓の開発に携わってきており、正に実感できます。ただそのポンプの仕組みは実に巧妙であるが故に、生まれつき(先天性心疾患)であったり歳を重ねるに従って各所に障害(後天性心疾患)が出てきます。

心臓の病気
端的に言えば、心臓を形作るパーツそれぞれに不具合が生じた状態、それが心臓の病気です。例えば心臓の筋肉に栄養や酸素を送る血管(冠動脈)が狭くなったり詰まったりすると、「狭心症、心筋梗塞」です。
心臓の4つの部屋を境する逆流防止弁が漏れたり、狭くなったりすると「弁膜症」です。
さらにポンプとしての拍動リズムが乱れると、「不整脈」です。

‐血管の仕組みと働き‐

「血管は水道管です」

血管の仕組みと働き血管は字のごとく血液(液体)が流れる管です。栄養や酸素に富む液体が流れる上水道が動脈、老廃物が流れる下水道が静脈と例えても良いでしょう。

血管の病気

心臓の病気と考え方は同じで、血管を形作るパーツの不具合が病気を引き起こします。
例えば足の動脈が狭くなったり詰まったりすると、「閉塞性動脈硬化症」です。
太い動脈が膨らむと、「大動脈瘤」です。それが破れると「大動脈瘤破裂」です。
血管の壁が裂けると、「急性大動脈解離」です。
また例えば足の静脈に備わっている弁が壊れると、「下肢静脈瘤」になります。

心臓血管外科

心臓血管外科は心臓や血管のパーツを修復する外科

心臓血管外科外科はザックリと大きく2つに分けられます。ひとつは病的なものを切除する外科、もうひとつは病的なものを修復・形成する外科です。心臓血管外科は後者になります。心臓は取ってしまうわけにいきません。癌を取り扱う外科は前者でしょう。整形外科が取り扱う多くの手術は後者でしょう。
ただ心臓血管外科で取り扱う外科治療の多くは大病院の設備やスタッフを必要とします。当院で行うのは下肢静脈の障害である静脈瘤の治療です。それ以外の障害については診断を行い、もし手術治療の適当である場合は函館市内の病院へ紹介いたします。もちろん手術後の治療継続は当院で行うことができます。

下肢静脈瘤の治療

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは太腿やふくらはぎなどの血管が浮き出る下肢静脈瘤は静脈に存在する「逆流防止弁」の障害によって引き起こされます。その多くが浮き出ている場所よりもさらに上流部分に原因が存在します。

  • 足がむくむ、だるい
  • 夕方になると靴がきつく感じる、痛い
  • こむら帰り
  • 足の湿疹が治らない
  • 皮膚が黒ずんでる、痒い
  • 潰瘍ができる

どうして下肢静脈瘤ができるのか

準備中

下肢静脈瘤の診断

超音波検査を行います。専用の7分パンツに着替えていただき、立った状態と横に寝た状態で検査します。必ず両足診ますが、両側で約30分です。
静脈のどこの弁が壊れているか、詰まっていないか、血液の逆流はどうか、血管の走行はどうかなどを診ていきます。

下肢静脈瘤の治療

1.弾性ストッキング

静脈瘤の基本治療です。弾性ストッキングコンダクターの資格を有する看護師が説明し、下肢の採寸をして適切なものを選択します。ストッキングは自費となりますが、当院で在庫しています。


2.硬化療法(保険適応)

比較的細い静脈瘤、局部に限定している静脈瘤、紫色に見える更に細い静脈瘤に対して、硬化剤を注入して静脈瘤をつぶします。直後から歩行可能で、帰宅できます。


3.血管内レーザー治療(保険適応、日帰り)

超音波検査の結果、適応と認められた場合に行います。逆流している血管をレーザーでつぶしてしまいます。局所麻酔ですので、終了後帰宅して翌日外来診察になります。


4.ストリッピング手術(保険適応、日帰り)

超音波検査の結果、適応と認められた場合に行います。逆流している血管を取ってしまいます。レーザー治療と違い、縫合を行う小さな傷がつきます。局所麻酔を基本としますが、少し眠れるような薬も使用します。術後しばらく休んでから帰宅できます。


日帰り手術の流れ

※当日朝、朝食は止めていただきます。飲水は可能です。

受付
AM 11:00

来院・受付・リカバリー室にて着替え

手術
AM 11:30

手術室へ・点滴・下肢のマーキング・手術開始

リカバリー室

AM 12:30

手術終了・弾性ストッキング装着・リカバリー室へ戻り休憩

受付
PM 13:00

術後の診察、説明・会計・帰宅

地図はこちら

お問い合わせ、0138-83-2080
クリニックブログ
お問い合わせフォームはこちらから
Page Top